発光ダイオードLED(Light Emitting Diode)は、半導体と電流を利用した新しい照明技術です。
LED照明は、次世代証明として位置付けられており、長寿命で省エネ性に優れています。
また、演出性が高い、発熱量が低い、紫外線・赤外線をほとんど含まないなどの様々なメリットがあります。その為、一般家庭だけでなく、オフィス、教育施設、工場、商業施設、神社仏閣、美術館、公共施設、利用目的も幅広く、今後の展開に大きく期待が持てます。

まず消費電力が半分になり節電に大きくつながります。それによってCO2排出量が50%~60%削減します。
従来の蛍光灯と比べ3倍以上長持ちします。何より紫外線を発しにくいので蒸しが寄り付きにくくなります。

お客様の電力会社と契約状況によって変わりますが、およそ半分くらいになります。

一般の蛍光灯は約6,000~13,000時間と言われています。
それに比べてLED蛍光灯は約40,000~50,000時間の寿命ですので、3~5倍長持ちします。

弊社のLED蛍光灯は安定器取り外しの工事が必要になります。その分、安定器の消費電力が掛からなくなりますので経済的です。
難しい工事ではありませんし、工事時間も1灯あたり10分少々のお時間をいただければ十分です。

原則として工事は必要となりますが、そのままの灯具で使用できます。

1年~5年(商品によって異なります)

Q&Aの最終更新日 : 2020-07-13